債権回収とは

債権とは何でしょうか。債権とは、貸したお金や売った商品の代金を支払うように要求する権利のことです。つまり、相手に対して支払いや返却を要求する権利のことを言います。こうした権利を持つ人を債権者、要求される側の人を債務者と呼びます。

通常、お金を貸す時には十分に返済能力があることを確認したうえで貸すものですが、時折返済が滞ってしまうことがあります。債務者のうっかりした延滞であれば大きな問題にはならないのですが、意図的に支払いを滞らせるような悪質な場合や、返済能力がなくなってしまい支払いができないといったケースも少なくありません。

そのような時に自分で要求し続けることはとてもエネルギーのいることですあり、時間もかかります。債権回収はいったん泥沼にはまってしまうと自力ではなかなか解決できないことが少なくないのです。これは、お金の回収だけにとどまらず、売った商品の代金を支払ってもらいない場合や、賃貸で不動産を貸しているのに家賃を滞納されてしまう場合などあらゆるケースで考えられる事態です。

そこで、自力で何とかしようと時間と労力を費やすよりも、債権回収の相談を弁護士に持ち掛けることも一つの有力な方法です。早めに弁護士に相談することで、裁判所での法的な措置まで考慮したうえで債権回収を進めることができます。ではなぜスムーズに債権回収をするために弁護士に相談することが有効な方法といえるのでしょうか。その手順や、メリットなどをご紹介します。