早期解決のカギ

いくら自分が債権を持っているとはいえ、その回収には時効というものがあります。ですから、いつまでも債権が回収できない状態でいると、いつの間にか時効が成立し、債務者だった側も支払い義務を免れてしまうこともあるのです。そうした事態を避けるためにも早めに弁護士に相談することによって時効中断の手続きなどを迅速に行うことができるでしょう。

債権の種類によっては自分が思っているよりもかなり早く時効が成立してしまう場合もあり、悪質な債務者はその法的な根拠を狙って債権を踏み倒そうとするかもしれません。そうした危険を未然に防ぎ、自分の権利をしっかりと守ることが大切です。

また、債務者にとっても債権の通知などが弁護士事務所から届くと、裁判の可能性がリアルに感じられますので、本気で返済しようという意識に変わるかもしれません。また、なんとなくごまかされたまま解決が長引いてしまいがちな個人間でのやり取りも弁護士が介入すると迅速にことが進みます。面倒なことは長引かせずに迅速に解決したいと思われる方にとっても弁護士への相談はおすすめです。もしも債務者にも弁護士が付く場合は、双方の弁護士同士の話し合いでスピーディーな平和的な解決も期待できます。